賢者の食卓 飲み方
大塚製薬から販売されているダイエット健康食品、「賢者の食卓」は大変人気の商品で口コミなどでも話題になっていますね。

賢者の食卓はとても飲みやすく、続けやすいことでも有名です。

でも、なんとなく飲んでいて実は全く効果を発揮できない飲み方だった…となっては悲しいですよね。

今回は賢者の食卓の飲み方についてお話ししていきたいと思います。

賢者の食卓が気になっている人は必見ですよ!

賢者の食卓の飲み方とは?いつ飲めばいいの?

効果的なダイエット食品も、飲み方を間違えると何も効果が無かったり、むしろ健康を害してしまうようなことがある場合もあります。

賢者の食卓はいつ飲むのが一番効果的なのでしょうか?

これは賢者の公式サイトでも言われているとおり、1日3回、食事のときに一緒に飲むのが正しい飲み方とされています。

毎日の食事と合わせて飲めば良いということなので、朝、昼、夜と食事をとる際に賢者の食卓も一緒に飲めば良いというわけですね。

その際に、ポイントになってくるのは食事と一緒に…ということです。

よく勘違いしてしまいがちですが、食事のとき…というと自然とお薬のように食後に飲んでしまう人がいます。

ですが、賢者の食卓は食事と一緒に、つまり食事をする際に飲むドリンクなどに混ぜて飲むと良いというわけですね。

もし食事中にうっかり飲むのを忘れてしまったら、なるべく食後30分以内には飲むようにしておきましょう。

賢者の食卓は糖分や脂肪の吸収を抑え、血糖値の上昇を防ぎます。

血糖値は食後30分以内がピークと言われていますので、30分以内であれば間に合うようですね。

どんな飲み物にも溶かして大丈夫なの?

ちなみに、賢者の食卓はどんな飲み物に溶かしても大丈夫なのでしょうか。

かえってまずくなってしまうような飲み物に溶かしてしまわないようには注意したいところですが…これは全く気にしなくて大丈夫です。

というのも、賢者の食卓は無味無臭の粉末なので、溶かしてしまえば味はまったくしません。

なので、お茶、ジュース、お酒、スープなど、何に溶かしても基本的には問題ないのです。味には全く影響せずにおいしく飲むことができますので、安心してくださいね。

なんとなく水以外のものに溶かしてしまうと、効果的にも薄まってしまうのではないかと心配してしまいますが、これも問題はありません。

これは賢者の食卓公式サイトでも言われているように、溶かす飲み物によって効果が変わるものではないので、好きな飲み物に溶かして楽しむようにしましょう。

苦い薬や酵素を飲むよりも気軽なので、続けやすいと好評なのも分かりますよね。

ただ溶かして飲めばいいという飲み方も非常に簡単なのも有難いところです。

そもそも賢者の食卓は安全なものなの?

飲み方を調べてみて、どんな飲み物に溶かしてもOKだなんて、「本当に大丈夫なの…?」という疑問が残ってしまう人も多いですよね。

確かにちょっと自由すぎる飲み方に怪しさすら感じてしまう人も多いはずです。

なので最後に、賢者の食卓の具体的な成分についても触れておこうと思います。

賢者の食卓は、主に水溶性の食物繊維を含んだ健康食品になります。

その食物繊維の中の「難消化性デキストリン」が腸内に働きかけ、糖分や脂肪分の吸収を抑制してくれる効果が生まれるのです。

ちなみに難消化性デキストリンとは、トウモロコシが原料になった成分です。怪しい成分などではないので安心してくださいね。

また、血糖値や中性脂肪が気になっているわけではなく、単純に脂肪を抑えてダイエットがしたいという人でももちろん飲むことができるのがこの賢者の食卓です。

血糖値が上昇するのを抑える効果には繋がりますが、血糖値が下がりすぎてしまうのは問題ですよね。

賢者の食卓ではそのようなことは一切ないので、脂肪を摂りすぎなことを気にしている人にはぜひおすすめの商品なんです。

大人になるにつれて体はどんどん痩せにくくなっていきます。

ですがなかなか運動も習慣化させることは難しいですし、毎日の食事でダイエットができるならぜひ実践したいところですね。

中でも賢者の食卓は飲み方もとっても簡単で無理なく続けることができるので、おすすめですよ!