大人のカロリミット 機能性表示食品
美容や健康を維持するためにサプリメントを飲んでいる方は多いのではないでしょうか。

近年、機能性表示食品と聞くようになりましたが大人のカロリミットにも機能性表示食品と書かれてありますね。

大人のカロリミットに書かれてある機能性表示食品にはどのような意味があるのか理解していますか?

サプリメントを選ぶ時に袋のパッケージなどを参考に選んでいる方もいるかと思いますが、分かりにくいことがありますよね。

そこで、大人のカロリミットに記載されてある機能性表示食品について調べてみました。

通常のサプリメントと機能性表示食品にはどのような違いがあるのでしょうか?

機能性健康食品とは

大人のカロリミットの外袋には機能性表示食品の文字が書かれてありますね。

サプリメントの種類によっては、特定保健用食品や栄養機能食品などと記載されているものがありますが、大人のカロリミットに書かれてある機能性表示食品とはどういった意味なのでしょう。

機能性表示食品とは病気を予防したり、、健康を維持するために体に良いとされる成分が配合してあるサプリメントを言います。

実際に臨床試験などを行い、大人のカロリミットに含まれる成分が目的に合わせた働きをしているか、また効果が得られるか確認しています。

大人のカロリミットの場合は、糖や脂肪の吸収を抑える、脂肪を燃焼して代謝を高めるという3つの機能性があるので、機能性表示食品として記載することができるのです。

これらが体に良いこととされ、機能性表示食品の表示がつくようになりました。

どのような成分がどんな効果を現すのか表示することができます。

サプリメントと機能性表示食品の違い

サプリメントには数多くの種類がありますが、機能性表示食品とどこが違うのか調べてみました。

その1.効果を表示できる

機能性表示食品は、商品を発売する前に実際に人に飲んでもらい安全性や目的とする機能改善の効果が得られかどうか調べています。

消費者庁に届け出を出して許可されたら、健康に良いとされる成分を外袋に記載することができます。

病気の予防や治療を目的としたものではないので注意してください。

その2.成分の違い

サプリメントはビタミンやミネラルなど栄養分を濃縮したものを錠剤などにして体に必要な栄養を補う補助食品です。

消費者庁の届出は必要なく、サプリメントの外袋に機能性表示食品のように効果などの表示を記載することができません。

サプリメントと機能性表示食品は必要な栄養分を補い体を健康に導くという同じ目的があります。

2つの違いは消費者庁の届出があり、袋に効果を記載することができるかどうかということになります。

他のサプリメントや薬との飲み合わせ

大人のカロリミットを飲み始める前に通常のカロリミットやビタミン剤などのサプリメントを飲んでいたという方もいるはずです。

そこで、気になるのが大人のカロリミットとほかのサプリメントを飲み合わせても大丈夫なのかということですね。

風邪薬などの医薬品は飲み合わせに注意しないと副作用に繋がりますが、サプリメントや機能性表示食品の飲み合わせはどうなのでしょうか。

大人のカロリミットは、機能性表示食品と記載されていますが、健康食品のひとつなので用法や用量を守れば他のサプリメントと一緒に飲んでも問題ありません。

カロリミットと大人のカロリミットを両方合わせて1日3回飲むことができると公式サイトにも書かれてあります。

治療目的で他の薬を飲んでいる場合は、薬の種類によって悪影響が出る場合がるので医師や薬剤師に相談するようにしてください。

まとめ

機能性表示食品は体にどのように働きかけえるのか分かりやすくするために導入されました。

脂肪や糖を燃焼して体重を増やさないように働きかけますが、サプリメントばかりに頼らないようにしましょう。

適度な運動や栄養バラスの良い食事を心がけ、更に大人のカロリミットを毎日飲むようにすると効果的です。