サプリメントを摂取するにあたって必ずおさえておきたいのが、飲み方です。

サプリは食品に分類されるので、飲み方が決まっていないものも多くありますよね。

人によって飲み方は異なるかもしれませんが食事の時間帯に飲むなどと、飲んでいるうちにだいたいのルーティーンが決まってくるものですよね。

サプリメントの役目は足りないものを補うといったものが多くありますが、それ以外にもダイエットサポートの役割を果たすものもあります。

メタバリアSは身体の健康のためを考えてという部分は他のサプリと変わりはありませんが、足りない成分を補うという目的ではなく、どちらかというとダイエットサポートの役割も担ってくれるものです。

そんなメタバリアSの飲み方をチェックしておきましょう。

メタバリアSは自由なタイミングで飲んでも良いのでしょうか。

それとも決まった飲み方をすることで効果を発揮しやすくするものなのかをチェックしていきましょう。

メタバリアSの飲み方をチェック

メタバリアSは糖の吸収を抑える・腸内環境を整えるといった作用を持っているサプリです。

メタバリアSに含まれる植物由来のサラシアにより食後の血糖値の上昇を抑制することができます。

またサラシア由来のサラシノールにより吸収されなかった糖が腸内の環境を整えていきます。

私たちが普段口にする食事の中に含まれている糖は、小腸の消化酵素により分解され体内に吸収されていきます。

しかしサラシア由来のサラシノールにより消化酵素による分解を抑えて、糖の吸収を抑制することができます。

そうすることで食後の血糖値の上昇を防ぐことができ、吸収されなかった糖が腸内のビフィズス菌のエサとなることで腸内環境を整えることができるという仕組みになっています。

メタバリアSの作用をこうして見てみると、腸内や糖がキーワードになることがわかりますよね。

腸内が活発に動き出すのは食事のとき、また食後の血糖値の上昇を防ぐといった意味合いでも、メタバリアSの飲み方は食事の前が良いとされます。

メタバリアSは1日の摂取量が8粒となっているため、毎食時に分けて摂取することがおすすめされています。

8粒だと多い感じがするかもしれませんが、毎食ごとに8粒を飲むわけでなく、1回あたりの目安量は2~4粒となっているので他のサプリと何ら変わりはありません。

1日に3回食事をするという方は朝に2粒、昼に3粒、夜に3粒などと分けても良いですし、夜の食事量が多くなる方は朝に2粒、昼に2粒、夜に4粒と分けて飲んでもOKなのです。

食事の量やカロリーが高くなるタイミングというのは個人差があると思うので、昼に食事量が増える方は昼に4粒飲んでも良いですね。

メタバリアSの飲み方は1日8粒を食事ごとにわけて飲むこと、食事前に飲むこと、1回あたりの目安量は2~4粒であることをおさえておきましょう。

メタバリアSの使用者はどう飲んでいる?

実際にメタバリアSを飲んでいる方は、どんな飲み方をしているのかもチェックし、参考にしてみましょう。

●外食をするときにメタバリアSを飲むようにしている
●食事前に飲むのをつい忘れてしまう
●外食による自己嫌悪にぴったり
●食事の前に飲むと調子が良い

メタバリアSの使用者に多いのが、外食時に飲むということです。

外食はどうしてもいつもよりも食事の量が増えてしまったり、カロリーオーバーをする傾向にありますよね。

そんなときもメタバリアSを飲んでから食事をすると食べ過ぎを防いでくれる効果を実感できているようです。

ついつい食事の前に飲むことを忘れてしまうという方もいましたが、徐々に慣れてくるものなのでそのあたりも過敏になりすぎずに摂取することが大切ですね。

メタバリアSの飲み方が知りたい!いつ飲む?どう飲む?:まとめ

メタバリアSの飲み方をチェックしてきましたが、ポイントとしては1度に8粒を飲むのではないこと、食事の前に飲むということをおさえておくと良いでしょう。

メタバリアSを使用している方は効果を実感できている方が多くいます。

毎日食事をするように、メタバリアSも習慣付けると良いのではないでしょうか。