メタバリアS 食後
美味しいものは食べたいし、痩せたいけれど食事制限するとすぐにリバウンドしてしまう・・・

メタバリアSを飲んでいれば、食べた物の糖の吸収を抑えることができ、腸内環境を改善することで健康的に痩せ体質を作ることができると話題になっています。

ただし、飲むタイミング間違えるとせっかくの効果が台無しになってしまいます。

食後に飲むと1番効果がなくなるとされているのですが、その理由はなぜなのでしょうか?

食後にメタバリアSを飲んではいけない理由

ダイエットサプリによってはどの食前・食後に関わらず、どのタイミングに飲んでもいいものもありますが、なぜメタバリアSは食後に飲んではいけないのでしょうか?

メタバリアSは食べたものの糖の吸収を抑えることで、少し食べ過ぎてしまってもカロリーを全て吸収せず、痩せることができるとされています。

そのため、食後に飲んでしまうと、もうすでに胃の中に食べ物があり、吸収が始まってしまっているので糖の吸収を抑えることができなくなってしまいます。

それだけではなく、胃の中に食べ物があることで、メタバリアSの成分の吸収を阻害してしまい、腸内環境を整える効果が発揮されなくなってしまうのです。

食後に飲んではいけないなら、どのタイミングで飲むのが最も効果的なのでしょうか?

食前の20~30分前がベスト!

メタバリアSの効果を最大限に引き出すには、食後ではなく、食前に飲むことです。

これも間違いやすいポイントなのですが、食前といっても、飲んですぐに食べ始めてしまってはまだメタバリアSの成分が吸収されている途中なので、成分効果をより引き出すためには食前の20~30分前にしましょう。

20~30分前に摂取していれば、メタバリアSの成分がきちんと吸収されているので、最大限に効果を発揮することができます。

1番効果が出ないタイミングは?

メタバリアSでダイエットをするにあたって1番効果がでない飲むタイミングは食後しばらくしてから摂取することです。

食後でさらに時間が経ってしまうと、完全に食べた物の糖の吸収が終わってしまっているので、それからメタバリアSを飲んでもほとんど意味がありません。

NGな飲み合わせは?

メタバリアSは食後ではなく、食前の20~30分前に摂取することで、より効果を引き出すことができます。

食前の20~30分前に飲むのを忘れてしまったら、食べる直前、せめて食べている間には飲むようにしてください。

ただこれだけで痩せることができるメタバリアSですが、何と飲み合わせするかでも効果に違いが出てきます。

コーヒーやジュースと一緒に飲んでしまうと、メタバリアSの成分の吸収を邪魔してしまいますし、特にアルコールと一緒に飲んでしまうとメタバリアSの成分が吸収される前に排出されてしまうことも…

また、熱すぎる飲み物と飲んでしまうと、メタバリアSの成分が壊れてしまう可能性があるので絶対にNGです!

メタバリアSを摂取する時は必ず水、もしくはぬるま湯で飲むようすることで、成分吸収を邪魔することなく、効果的に痩せることができるでしょう。

メタバリアSのベストな飲むタイミングは食後ではなく、食前の20~30分前なので、意識的にこのタイミングで飲むようにしてくださいね。

つい忘れてしまいそうになるので、自分で習慣化できるように何をした時に絶対飲むなど意識しておくことで、飲み忘れを防ぐことができます。

仕事や家事、子育てで忙しく、自分のためにダイエットをする時間もないですし、ただでさえいつもの生活だけでも疲れているのに、運動したりできないですよね。

メタバリアS飲むタイミングを間違えなければ、誰でも痩せることができるので、ぜひチャンレンジしてみましょう!