薬やサプリが飲みたいけれど副作用が気になってなかなか手を出すことができないという方もいることでしょう。

サプリは薬と違い、食品に分類されるため比較的副作用は少ないと言われていますが、それでも体調に変わりがないかどうかは気になるところですよね。

薬やサプリで副作用のような症状が出たことがある方や、アレルギーをもっている方はより躊躇してしまう部分があるでしょう。

大人のカロリミットも食品に分類されるサプリですが、副作用のような症状がでたという方はいるのでしょうか。

大人のカロリミットを飲んでおならが出るという噂は本当なのか気になりますよね。

おならは溜めてしまうと苦しくなりますし、体にもよくないことで知られていますよね。

またおならは人前で気軽にできるものでもないので、副作用としておならが出てしまうのはやや考えもの…。

はたして大人のカロリミットを飲んでおならが気になるようになったという方はどれくらいいるのでしょうか。

大人のカロリミットはおならがでる?

おならが出るということは、腸内で何らかの変化が起きていることが予想できますよね。

もともとおならが出やすい人もいると思いますが、大人のカロリミットを飲んでから明らかにおならが出るようになったという場合は、原因はそこにあることが考えられます。

実際に大人のカロリミットの愛用者はおならが気になっているのかを見てみましょう。

◎おなかの張りが気になる
◎お腹が張って物が食べられなくなって痩せた
◎もともと便秘気味ではないが、お腹が張って3日に1度しか便が出なくなった
◎便秘になりお腹がパンパンになった
◎胃が弱い人、生姜が合わない人は注意が必要かも

このように実際に大人のカロリミットを愛用している方の声を見てみると、おならという表記こそないものの、お腹の張りをあげている方がたくさんいることがわかります。

お腹が張って便秘になるという方も多くいますが、逆に下痢になってしまうという方もいます。

お腹が張っている状態はとても苦しく、いつもの服が着られなかったり食欲が失せたり、ガスとして溜まったものがおならとして出ることも多くありますよね。

なぜそのようなことが起きるのか、次の項目でみていきましょう。

なぜお腹が張る?

大人のカロリミットには、
●ギムネマ酸
●イミノシュガー(ファゴミンとして)
●エピガロカテキンガレート
●キトサン
●ファセオラミン
●ペンタメトキシフラボン

といった成分が配合されています。

この成分のなかには排便をスムーズにする、便の量を増やして便秘の解消に有効な成分も含まれています。

この成分が腸内でガスを発生させ、腸の動きが過剰になりおならとして出ることが多くなることもあるのです。

そのためもともと快便という方や、お腹が弱いという方ははじめに飲む量を少し減らしてみるのも有効でしょう。

腸内の調子が良くないと、気持ちまでふさがってしまうもの。

なるべくなら便秘にもなりたくない、下痢にもなりたくない、おならが過剰にでるもの嫌という人が多いでしょう。

腸内環境は人によって異なるものなので、過剰に反応がでてしまいそうだという人は飲む量を減らすなどの工夫が必要です。

しかし効果がないからといって過剰に摂取することはNGです。

上限は1日4粒なので、それを超えることのないように飲み方の注意点を守って安全に飲むようにしましょう。

おならが出る!?大人のカロリミットの副作用とは?:まとめ

大人のカロリミットを飲んでいてお腹の張りを感じるという方は多くいるようです。

大人のカロリミットは重大な副作用があるようなサプリではありませんが、アレルギーをも持っている方は必ず成分表をチェックして安全性を確認することや、胃腸が弱い方は量を減らして様子をみるなどの工夫が必要かと思います。

いきなり現品を買うのが不安という方は、大人のカロリミットのお試しサイズからスタートしてみるのも良いのではないでしょうか。